www.katrinaandbeyond.com

フリーローンというものをするとなると月次指示された日取り、銀行口座などから自動手続きにて弁済されていくようになっています。TVCMなどでATMなどから適時支払いというものができるというように言われてますがそれは毎月の弁済とは別に引き落しする事例のことを言っています。こんな弁済を繰上返済などと言い、残金全額を出す弁済を総額繰上返済、一部を返済する事を一部分一括支払と呼んでいます。説明すると、臨時収入等で経済に余力が実在事例には機械からや銀行振込により一部分もしくは全てに関してを支払いする事が可能なのです。さらにこのような内容以外に繰上返済には利点がたくさんありまして、デメリットというようなものは完全にないのです。これのメリットとは別口によって弁済する事により元金そのものに関してを減額するということを可能ですので弁済期間というのが短くなるので、利率も合理化でき支払トータル自体を軽減可能なので、一石二鳥の返済形式ということなのです。ただし意見したいのはいつ頃に一括弁済しようかということです。会社には支払い期間と他に締めがというようなものがあるのです。たとえば月の真ん中が締めであったとして次の月10日引き落しとしましたら、15日から以降は来月分の金利というようなものを含めた返済金額へと決定してしまうのです。説明すると15日以後早期弁済したという場合であっても、次月分の返済金額が決まっておりますので、その間に前倒し弁済しても次月の支払い金額に対しては少しも波及というものがないのです。よって前倒し支払といったものがすぐ作用を表象する為には、支払期限の次の日から次の〆の前日までの間に早期弁済しておくことが要求されます。それでも、そうした事例の利子の額ははなはだ少額です。そんなくらいは気にしない人はいつでも自由自在に繰り上げ返済していきましょう。しかし多少なりとも節減しようと希望する人は、返済期限から締めまでの間に繰り上げ弁済するべきです。

Link

Copyright © 1996 www.katrinaandbeyond.com All Rights Reserved.